FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと』

チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと [DVD]チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと [DVD]
(2009/09/02)
マリン・アッカーマン、ケヴィン・サスマン 他

商品詳細を見る

<ストーリー>チャーリーにとってダフネは理想の女性。しかし、チャーリーの前にダフネのペット犬・ベイビードールが立ちはだかる。彼女と一緒に時間を過ごすため、必死にベイビードールの世話をする。チャーリーはダフネよりもベイビードールと過す時間がたくさんあることを、ダフネとの関係よりも解りあえてしまっていることに気付く…。 (Amazon.co.jpより)

原題 『 HEAVY PETTING 』 製作 2007年 アメリカ

長ったるい邦題ですな。そして誤解を生みやすい。
まず、“チャーリー”はワンコではなく、主人公の人間の名前。
そして、DVDジャケットにいるワンコは、劇中には登場しません。
なんで、このジャケット写真になったんだろ・・・(?_?)

チャーリーは、ペットが苦手。ただの犬だろ~って感情。
ダフネは、ペット大好き。家族も同然。
ダフネがベビードール(飼い犬)を可愛がる様子を、チャーリーは引いてみてる。
どうしても、ふたりの間にワンコが立ち塞がり、チャーリーは意気消沈。
しかし、ひょんなことからベビードールと意気投合!!
急激に情が芽生えちゃうんだな。これ分かる。気持ち通じ合うと、
めきめきと、その子が可愛く思えちゃうんだな。

そっから面白くなるのかと思いきや・・・、
この長ったるい邦題をつけたわりには、'伝えたかったこと'が
いまいちハッキリしないんだよな。
最後の方、なんかゴニョゴニョして終わった。
もっと、焦って心配してもしものことを考えて―――ってなれば
ホロリときたかもしれないのに。

ペットものって、お涙ちょうだいか、逆にお下品か、っていう
映画が多いけど、これはどちらにも属さない、
ペットと人間のハートフルコメディ映画です。
わたしはあんま、ほっこりこなかったけど…。

133.gif133.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。