FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『八日目の蝉』

八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
(2011/10/28)
井上真央、永作博美 他

商品詳細を見る

<ストーリー>
今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった。
1985年に起こったある誘拐事件―。
不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜。
実の両親の元へ戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠していることに気づく。
相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜がそこで見つけたある真実。
そして、恵理菜の下した決断とは・・・?(Amazon.co.jpより)



うあああああ。なんとも言い難い話ですな。
わかっている!悪いのは、誘拐した女だ。
しかも不倫してたし、勝手に子供連れ去って、
自分の子供として育てやがって。このせいで、家族は
<普通>でなくなった。誘拐さえなけりゃ…。

でも、悔しいけど、希和子とカオルの別れには涙がこぼれた。
まあ、正当化して演出してるって言われりゃ、それまでだが。

あ!!でも一番悪いのは、オヤジだぞ!
こいつが不倫したせいで、みんなが不幸になったんだ。
あと、劇団ひとりも!!(すまん、役名忘れた・・・)

恵理菜とマロンちゃんの、過去を探す旅(?)、
あそこもっと、心理描写ほしかったなぁ。
特に島のとこ。きっと原作では、どうやって恵理菜が
思い出すか、思い出したときのこととか、
ぐっとした描写になってるかな?

で、マロンちゃんは本当に記者なの??
ただ、昔の友達を探しに現れただけ?うーむ。

音楽もなんか、よかった。
暗くなりすぎなくて。

不倫・誘拐を肯定するわけじゃないけど、
なんかよかったです。見てよかった。

142.gif142.gif142.gif142.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。