FC2ブログ

2015年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『思い出のマーニー』

omoidenoma-ni-.jpg
公式HP 思い出のマーニー

<ストーリー>
心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せる。その出会い以来、杏奈の身の回りでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになるが、それは二人だけの秘密だった。(シネマトゥデイより)


製作 2014年 日本

そうか~。マーニーはおばあちゃ(←ネタバレ)だったかー。
でも、正体が分かっても、面白く観れそう。なので、二度観るというのも有りな作品。
小さい頃の杏奈が、マーニーぽい人形抱えてたから、途中まで
その人形が正体なのかと思ってたわ。あれは何で似せたのかな?客を惑わせたのか?!(笑)

もっとファンタジーなのかと思ってたけど、意外と現実的なお話でした。
彼女らを巡る境遇が悲しすぎるし・・。杏奈は元気になったから救われたけど。
あと相変わらず、ごはん美味しそうでした。

それにしてもやっぱ声優がな~!つい、誰だ、この(棒読み)声?!て気になっちゃうんだよ。
それって、映画観ててすごく邪魔な感覚。のめりこんで観たいのに、違和感感じちゃって
調べずにはいられなくて、余計な作業しちゃう。しかも今回、北海道だからって
TEAM NACS参加って!(笑) これも気になっちゃって、どの役だどれだって調べる羽目に。。
もうほんと、素直にプロを使ってほしいです。

133.gif133.gif

スポンサーサイト

『舞妓はレディ』

5f2d409f-111.jpg
公式HP舞妓はレディ
<ストーリー>
古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押し掛けてくる。春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとしない。ところが偶然その様子を目にした言語学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が、鹿児島弁と津軽弁が混ざった彼女に関心を寄せたことから、晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になる春子だったが……。(シネマトゥデイより)


製作 2014年 日本

田舎から出てきた子が舞妓を目指して奮闘するサクセスストーリー。を
ミュージカル仕立てにした映画。
どーも、日本のミュージカル映画ってピンとこないんだけど、
俳優陣が良かったのか、そんなに悪いモンでもなかった。

内容は、そんなに変わったこともなく面白くないんだけど、
春子ちゃんが舞妓になったときはホロリときちゃった~。
周りのみんなが優しくて、じーんとした。
最後に岸部一徳が言ってたセリフもよかったなぁ。
他の出演者も、すばらしかった。

いっこ気になるのが上のポスター写真。
右下ふたり、加瀬亮と瀬戸朝香じゃだめだったのかね??(汗)

142.gif142.gif142.gif

『あの頃、君を追いかけた』

naxienian.jpg
公式HP http://www.u-picc.com/anokoro/

<ストーリー>
幅広い世代の“あの頃”の記憶を呼び起こす、可笑しくて切ない青春エンタテインメントムービー。台湾の高校生・コートンは仲間と馬鹿なことばかりして過ごしていた。彼らの悪ふざけに激怒した担任は、優等生・チアイーをコートンのお目付け役に任命し…。(Amazon.co.jpより)


原題 『 那些年, 我們一起追的女孩(英題:You Are the Apple of My Eye) 』 製作 2011年 台湾

ヤンチャな男子と優等生女子の、はっきりしないラブストーリー。
アラフォーのわたくしとほぼ、同年代の話なのですが、
なんか、子供っぽい・・。高校生時代にもっと発展あるかな?て思ったら
あっちゅー間に卒業(笑) その後も・・・なんか中学生みたい(笑)
でも、それが、青春が遠い昔になってしまった大人たちが、キュ~ンてなっちゃうんだな。
学生時代の、どっちつかずなシーンは、キュンキュンしました。
男子のピーーーなネタが多いから、それ削って主役ふたりのシーン増やして欲しい。
そうすればもっともっとグッときたんだけどなー。

ラストはーーーーーーーーーううーーーーんてなもんだけど、
美しい青春ってことですかね。しかしあの・・お相手・・・・何で?(←失礼)

あと、日本の文化?がダイレクトに影響してたのビックリ。
マンガやアニメや、飯島愛まで・・・。ありがたいことです。

&キョンシー!!人生で唯一観たホラー?映画だよ!(笑)

142.gif142.gif142.gif142.gif 3.8かなー。

『魔女の宅急便』

majotaku.jpg
公式HP
魔女の宅急便

<ストーリー>
≪見知らぬ町で1年間暮らす。それが魔女修行の掟なのです。≫

魔女の血を引く少女キキは13歳になり、一人前の魔女になるための決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出る。
やがて辿り着いた海辺の町コリコでキキを待ち受けていたのは、パン屋の女将・おソノや、空を飛ぶことを夢見る少年・とんぼら、個性豊かな住人たち。
キキはおソノのもとに居候し、お届けもの屋「魔女の宅急便」を始めるのだが…。(Amazon.co.jpより)


製作 2014年 日本

総じて、日本を舞台に(日本って設定じゃないけど)するのは難しい作品だな、と感じました。
一番大事な飛行シーンも、とっても頑張ってるのは分かるんだけど、
やっぱCGとの兼ね合いがスムーズではないし、セリフまわしも時々「??」だし、
不自然さが前に出てきちゃって、楽しめなかった。歌手の人のとこも、急にMV??だし。
あそこで、歌声が出た&姪っ子ちゃんが飛べた!とかならまだ面白いのに。

さらにエンドロールあとの、ナレーション意味不明(笑)
え?この先あるってこと??じゃなくて、ただそう言っただけ??んーーー???
先があったとしても、たぶん観ないと思うけどね。。

133.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。