FC2ブログ

2010年09月

『天使の恋』

天使の恋 プレミアム・エディション [DVD]天使の恋 プレミアム・エディション [DVD]
(2010/04/23)
佐々木希谷原章介

商品詳細を見る

<ストーリー>
飛び抜けて美しく、常に仲間の中心にいる理央、17歳。
過去のトラウマから他人を信じられず、自分に役立つ人とお金にしか 興味を持てずにいた。
そんなある日、どこか寂しげな 35歳の大学講師・光輝と出会い、運命の恋に落ちる―。
初めて人を愛することを知り、生まれ変わったように輝きだし、 これまでの自分を悔い改めようとする理央。
光輝はそんな理央に次第に惹かれて いく。
しかし、光輝には彼女を受け入れられない理由があった……。(Amazon.co.jpより)


製作 2009年 日本

ケイタイ小説から映画化されたものだそうで。
世代の違いですが、どーもケイタイ小説というのに偏見を持ってしまうワタシ。。
アレでしょ?援交とかしてた女の子が、恋をきっかけにオトメになるってゆー、
恋人は最後死んじゃうし、イジメとか自殺とか絡んでサ。みたいな感じで、
まぁ観てやるか的にナゼか超上から目線で鑑賞したのですが(何様・・)、
あれま~、ちょっと面白かったです(笑)

ま、お話自体はホントよくあるもんで、
その中にも ちょっと突拍子もない流れもありましたが
(例・突然恋して援交やめるって言われても、怒らない友達w
 例・イジメの本当の事実を知らされても、すぐ許しちゃう友達w等)
でもこれもイマドキの友情ってことで、同世代には共感
えられるんだろうなぁ~なんて、オバサンは観てました。

主演の佐々木希さんは、たしかにとてもキレイで、
スタイルも恐ろしいほどセクシーで、冒頭裸体で尻だけ薄い布で隠して
ベッドに横たわってる姿には、ゾクゾクしたほど!!(ヘンタイ・・)
演技はまぁ、置いといて。でも自由奔放な感じは伝わってきました。
あんな美女に付け回されたら、どんな男性でも悪い気はしないでしょうなぁ~。

そんな彼女をカバーしてくださったのが、谷原章介さんですね。
苦手な俳優さんなのですが、クールでちょっとオチャメな役、
見事演じておられました!

ラストは、、ひとつ疑問が。
最後の最後で、リオが発するセリフ。。
なんて言ってたのぉ~(泣) 聞き取れなかった・・・。
彼の名前かな??誰か教えてください。。

142.gif142.gif142.gif



スポンサーサイト

『初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~』

初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~  [DVD]初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~ [DVD]
(2007/11/22)
宮崎あおいイ・ジュンギ

商品詳細を見る

<ストーリー>
「初雪の日にデートした恋人たちは幸せになる」
--そんなソウルの恋人たちの間で信じられている言い伝えから生まれた、一途な恋の物語。
陶芸家の父親に同行して、京都に転校してきた韓国の高校生ミン(イ・ジュンギ)は、七重(宮崎あおい)と
出逢ってひと目ぼれする。日本と韓国の文化の差を乗り越えて、七重は少しずつミンに心を開いていき、
やがて2人は初雪の日にソウルの石垣道を一緒に歩くことを誓うようになる。だが、七重の家庭には
事情があり、七重はミンに心を残しながらも、祇園祭の宵山の夜を境に、突然、ミンの前から姿を消してしまう。(Amazon.co.jpより)


製作 2006年 韓国

他レビューでは高評価な映画ですが、
わたしには どーにも つまらん映画でした。。

韓国人と日本人の高校生の恋愛。恋愛なんて、初めてに等しく
ましてや言葉の通じない仲。でも、不思議と出会ったときから
惹かれあい、通じ合う2人。うん、おもしろそう!
舞台は京都と韓国。互いの文化や、風景を上手に取り入れて
キレイなシーンも沢山あって、国の違いや似たようなことも知れて、おもしろい!

と、せっかく おもしろいと思える要素がいっぱいなのに、
ストーリーがベタベタ。盛り上がりがない。
ヒロインが奥ゆかしすぎ!ヒーローのキャラがイマイチ!
てことで、全然気持ちが高ぶりませんでした。。
宮崎あおいとイ・ジュンギは良かったんですけどねぇ、もったいない。

流れも、もったりまったりしすぎ。
あーー残念です。

133.gif


『プリンセスと魔法のキス』

プリンセスと魔法のキス ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]プリンセスと魔法のキス ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]
(2010/07/14)
ディズニー

商品詳細を見る

<ストーリー>
アメリカ南部、ニューオリンズに住むティアナは、いつか自分のレストランを持つことを夢見て頑張っている女の子。ある仮面舞踏会の夜、プリンセスのドレスを着たティアナの前に一匹のカエルが現れ、自分は呪いによってカエルに姿を変えられたナヴィーン王子だと告げます。そして、プリンセスがキスしてくれればこの呪いを解くことができる、と言うのです。カエルの必死なお願いに、勇気を振り絞ってキスするティアナ。ところが、カエルが王子に戻るどころか、ティアナ自身がカエルに変身してしまいます!
パーティーから追われ、風船に乗って沼地にやってきた2人(2匹?)の前に、ジャズ・ミュージシャンに憧れトランペットを吹くワニのルイスと、空に輝く星“エヴァンジェリーン”に憧れるホタルのレイが現れ、レイの案内で、2人は197歳のヴードゥーの女魔術師、ママ・オーディの家を目指します。果たして2人は無事人間に戻ることができるのでしょうか?そしてティアナは<本当に大切なもの>を見つけ、夢をかなえる事が出来るのでしょうか?(Amazon.co.jpより)


原題 『 THE PRINCESS AND THE FROG 』 製作 2009年 アメリカ

黒人のヒロインということで注目された作品ですが、
その他にも 今までのディズニープリンセス物と違う点がいっぱい!

まず王子!!なんて軽薄なヤツなんだー!!(笑)
知的でスマートで一途な王子・・なんて程遠い、
女好きで我侭で嘘つき!しかも散財しちゃって、お金ないから
お金持ちの女の子と結婚するためにニューオリンズに~なんてアホ!!
ハンサムで音楽が大好きってのはいいけど、こんな王子やだー!

そして、魔法使いのお婆さん!!陽気でお茶目?~~!(笑)
優しくて品がよくて包み込むような空気を持つ魔法使い・・どこ行っちゃったの(笑)
ま、こっちの方が可愛いし、すぐ仲良くなれそうだからいいけれど、
クセが強すぎる(笑)

いままでの御伽噺とは大違いだわー

でも、冒険の途中で出会う大切な仲間や、
それを妨害する悪者 あたりは、いままでどおり。
音楽も、ノリのいい 楽しい曲が多かった。がー、
上記の「いままでと違う」ところが印象強すぎて
「いままでと同じ」ところが、弱く感じられました。
悪者も、なんだか中途半端だし、音楽も せっかく
ニューオリンズが舞台なのだから、もっとジャズを活かした
ノッリノリ♪の勢いが欲しかった~。

本編、ほとんど カエルさんが描かれておりますが
じっくり観すぎると「カエル」と意識してしまって
ラブシーンも台無しですので、なんとな~くカエルくらいに
思って観た方がいいかも?!
でも、王子が徐々にティアナに心惹かれていく表情なんかには
キュンとしました。カエルだろーが、ロボットだろーが、
ディズニーの「表情」の描き方には脱帽ですなぁ~。

ティアナのお友達も最高!ラブコメに出てきそうな
ノー天気ブロンド娘だけど、彼女にも幸せが訪れますよーに☆

142.gif142.gif142.gif



『恋愛寫眞 Collage of Our Life』

恋愛寫眞 - Collage of Our Life - [DVD]恋愛寫眞 - Collage of Our Life - [DVD]
(2003/11/22)
広末涼子松田龍平

商品詳細を見る

<ストーリー>
ある日、カメラマンの誠人はかつての恋人、静流が死んだという噂を耳にした。だが、時を同じくして彼女からの手紙が彼のもとに届く。消印はニューヨークで、自分の個展に招待する旨の内容だった。静流との出会いは3年前の大学時代にさかのぼる。静流はプロカメラマンを目指す誠人の影響で写真を撮り始めたが、ある時“プロのカメラマンになるまで待ってる”と言い残して彼の前から姿を消した。誠人は未だ忘れることの出来ない静流を探すため、彼女が同封してきた写真に映っている風景だけを頼りに真冬のニューヨークへ旅立つ。(TSUTAYA DISCUSより)


製作 2003年 日本

「寫眞」変換出ねぇ~!!(笑)
コピペて素晴らしい機能だわ~♪

さて、映画ですが、ほんわりラブストーリーなのか
アクションなのか、ホラーなのか(笑) 分かんないけど、
でも最後は切ない気持ちになりました。

主演の、広末涼子、松田龍平 良い味出してます。
個人的には、広末の「うふふー♪」て表情とかアヒル口とか
どうもわざとらしい気がしちゃって、あまりスキではなかったんだけど
この映画のヒロインにはぴったりだったなーて思う。
素直に、はぁ~かわいいなぁ~・・て思いっぱなしでした。

・・憧れたわ、ああいう自由奔放な不思議女。。
女子には煙たがられる傾向だけど、男子にはモテるのよねー!!
着飾らなくても、かわいいし。あーーズルイ!!(笑)
アヤの気持ちが分かる!!っっ うそ、あそこまではしちゃイカン。

そのアヤ役の小池栄子。すげーわ(笑)怖すぎ!!
恐怖のシーンなんだけど、なぜか笑いが・・・。
いや、でも素晴らしい演技でした(笑)

キスシーンも、切な温かい感じ・・♡

写真撮りたくなるし、NY行きたくなるしー。
日本恋愛映画にありがちな、ほんわかほんわかしたまんまじゃなくて
ドキドキはらはら、少し謎サスペンスも楽しめる映画でした。

そして、堤幸彦氏ならでは? 主役の後ろで
コソコソ演技してる演者がいたり、親子共演があったりw、
一見無意味だけど無意味じゃない、そんなシーンも面白かったです。

♡ 3.5。

142.gif142.gif142.gif