FC2ブログ

2007年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Lover's Prayer はつ恋』



<ストーリー>
避暑地で出会った年上の令嬢・ジナイーダに一目惚れした青年・ウラジミール。
だが彼女は多くの男性を翻弄するばかりで、決して胸の内を明かそうとはせず…。(Amazon.co.jpより)


古典文学を映像化させたものらしく、すごく文学的~アップロードファイル
字幕を読んでても「??」な表現とかあり、
パッパラパーな わたしにとってはちょっと理解しがたい面もありまして。

てか、父ちゃんが巨人の小笠原選手にしか見えなくて困る!!(笑)

133.gif




スポンサーサイト

『Gガール 破壊的な彼女』



<ストーリー>
メガネにブラウンヘアの女性ジェニーの正体は、スーパーパワーでニューヨークの平和を守るスーパー・ヒロイン"Gガール"だった。そうとは知らず、設計会社に勤める冴えない男マットはジェニーと恋仲に。やがてジェニーから正体を打ち明けられたマットは、驚きつつも大喜び。順調に見えた2人の交際だったが、ジェニーの激しすぎる性欲と人並みはずれた嫉妬深さに恐れをなしたマットは次第に彼女から離れていく。そして、心優しい同僚のハンナに気持ちが傾いていった。しかしそんなマットの心変わりを嫉妬深いジェニーが受け入れるはずもなく、彼女はGガールに変身すると、マットとハンナの仲を引き裂こうと、破壊的な妨害工作を開始するのだった。(Amazon.co.jpより)


最近、超人者映画は自分のパワーに苦悩するものばかりで
うんざりしてたけど、この映画を観てスカッとした!

俳優人も適材適所。
観づらい点は無かった。

ラストもフツウじゃなく、最後まで観れる作品でした。
(どんだけ期待してなかったんだw)

142.gif142.gif142.gif



『フォーチュン・クッキー』



<ストーリー>
再婚を控えた精神科医のテスは、派手なファッションでバンドに夢中の娘のアンナに説教ばかり。しかしアンナは細かいことに口を出し、勝手に再婚を決めてしまった母に怒っている。毎日ケンカばかりのふたりだが、中華料理店でもらったフォーチュンクッキーがきっかけで、ふたりの体は入れかわり…。(Amazon.co.jpより)


大袈裟なドタバタ劇という印象がない、というのは
2人の演技がよかったということでしょうか。
いかんせん、英語が理解できないだけに、
2人の会話の微妙なニュアンスとか感じ取れないのが残念でしたアップロードファイル

ファンキーなママも笑えましたが、
弟くんの百面相のような表情もかなりGOODでした。

中華料理屋に気をつけろ?!

♡ 3.5。

142.gif142.gif142.gif



『KiSSing ジェシカ』



<ストーリー>
新聞社に努めるジェシカはストレートだが恋愛がうまくいかず、バイセクシャルの女性ヘレンが出した恋人募集の広告を見て衝動的に応募してしまう。同性愛に安らぎを見いだすヘレン(ヘザー・ジャーゲンセン)と、同性愛には不安を感じるジェシカだが、恋人として意気投合する。(Amazon.co.jpより)


コメディというより、ドキュメンタリーに見えるのは
撮影の仕方のせいだろうか?
すごく自然で、いやらしくなく(ちょっとドキっとする場面もあるが)描かれている。

堅物だったジェシカも、彼女に出会えて
人と関わることの幸せ、楽しさを感じられたようで
一安心です(ママの気分)。

BGMもよかったです。

142.gif142.gif142.gif



『初恋』



<ストーリー>
「心の傷に時効はないから」府中三億円強奪事件・犯人は女子高生--
高校生のみすず(宮あおい)は、小さい頃から孤独だ。ある日、彼女はジャズ喫茶Bの前にいた。煙草の煙が立ち込めるフロアの奥に、兄の亮、そしてその友人たちがいた。その中でも異彩を放つ男、東大生の岸(小出恵介)。彼らと仲間になり変化を始めるみすずの生活。そして岸に対して生まれた、切ない感情…。そんなある日、岸がみすずに相談を持ちかける。「…現金輸送車から三億円を強奪しないか?」(中略)1968年12月10日。雷雨の朝。白いバイク。…雨天決行。(Amazon.co.jpより)


なんだろ。
雰囲気とか役者さんは良いと思う。宮崎あおいなんかは、もうバッチグーである。
が、何か足りない感が。

「恋」に対しても、各登場人物の「背景」にしても、「三億円事件」にしても
なんか、ちょっと中途半端?

「恋」に関しては、きゅんシュチュエーションが盛りだくさんで
良かったのですが(笑) お手手ぎゅっとか、いいこいいことかね~アップロードファイル

細かいとこだと、BGMかな。
もっとグッとくるものが欲しかった!
それこそ、この時代の曲とかでね。その方がも少し締まったのでは。

142.gif142.gif142.gif



『非日常的な彼女』



<ストーリー>
男勝りのハチャメチャ女子高生エランは、同じ高校生チョルスとの子供を出産する。しかし厳格な両親の怒りを買い、子供を残して彼女はアメリカに強制留学させられてしまう。それから9年後、アメリカ留学から帰ってきたエランは、息子と幸せに暮らすチョルスと再会するのだが…。(Amazon.co.jpより)


オープニングは強烈で斬新でした!
数十分経って、ようやく内容が掴めた(笑)

笑いあり、涙あり。
特にラストはもうこれでもか~~ってほど涙ちょちょぎれ

・・・ですが、
残念ながらそこまで感情移入できませんでした。
これもすべて、わたしが韓国映画を見慣れていないせいだと思います。

もっと勉強します<(_ _)>


んー、でももうちょっと内容を掘り下げてほしかったなぁ。
余計なシーンが多かった気も・・・。

ちなみに、この邦題もなってません!アップロードファイル
<ストーリー>も彼女目線ですが、この映画の主人公はパパもしくは息子です。

133.gif133.gif



『ハニー&ダーリン 2年目の駆け引き』



<ストーリー>
野球場で知り合ったブルックとゲリー。あっという間に恋に落ちた二人は新居を共同購入し、ラブラブ同棲生活をスタートさせる。だが、キレイ好きでこだわりのある生活を愛するブルックは、野球中継やゲームに興じて家事を手伝わないゲリーに次第にイライラ。ある日些細なことから大げんかをしてしまった二人は、それぞれ親友たちのアドバイスを取り入れ、お互いの気を引こうとあの手この手の作戦を展開!だが事態は、二人が思いもよらなかった方向へと進んでいってしまう!(Amazon.co.jpより)


この邦題と<ストーリー>を見ると、「なんだ、ただのドタバタコメディかい」って
思うでしょうが、わたしもそう思って観たのですが、全然違いました。
観た後、原題が『the break-up.』だと知り、納得。
(邦題に惹かれて観たので、まんまと策略にハマったってことか)

いやぁ、リアルな内容に釘付けになってしまいました!
映画なので多少大袈裟なとこもありますが、
夫婦でも 長く付き合ってる恋人同士でも、多かれ少なかれ
こういう男女の気持ちの食い違いが出てくると思います。
「うんうん」と頷けるシーンも多かった(笑)

パートナーと別れた経験の人も、関係を修復した経験の人も、
これを観ると何かを得られると思います。

(友人の元夫に是非観て欲しい映画だ!!)


正確には、♡の数4.5。

142.gif142.gif142.gif142.gif




『プラダを着た悪魔』



<ストーリー>
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌RUNWAYのカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上センス、ゼロ!!と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ?(Amazon.co.jpより)


THE☆ガーリームービー。

映像や音楽、会話などテンポの軽快さが見てて心地よい。

突然、美人に変身しちゃった主人公や
突然、素顔で泣き言を言い出した鬼ババ等の
?な急展開はさて置き、
分かりやすくまとまったのではないでしょうか。

すべては ”内なる美”。

That's all !

142.gif142.gif142.gif142.gif



『ジュエルに気をつけろ!』



<ストーリー>
セクシー娘ジュエル(リヴ・タイラー)の夢は、理想の家を手に入れること。しかし、そのために男たち(マイケル・ダグラス、マット・ディロンなど)は次から次へと彼女の犠牲、いや魅力の虜となって振り回されていく……。(Amazon.co.jpより)


お色気ムンムンじゃないスか、リヴ!!
平日の昼間っから鼻血だしちゃいそうでしたョ。

内容はまぁ難しくなく楽に見れるコメディでした。
ラストはドスンとブラックでしたが(笑)

こわいな。こんな女性に出会ってしまったら。

さて。洗車でもしてくっか・・・ウフンアップロードファイル

133.gif133.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。